経営理念

発足当初からザウバーマンのワイナリーは少し秘密に包まれていました。手が届きにくいワインは数店舗のワイン店か、イスラエルの少数の高級レストランにしかありませんでした。私たちのワイナリーへの訪問者はほとんどいませんが、訪れてくださった方々は皆、私たちのワインとワイナリーの品質について愛情を込めて大切に思ってくださっています。

ワイナリーには、20年以上前にワイナリーを設立したItzik Zauberman、建築家であり「ワイン愛好家」であるRaz Dahan、および最近から私たちの活動に参加してくれたSharon Nahumという、3人のパートナーがいます。彼らのイスラエルと世界中への旅は、常にワインと結びついています。そして、しばらくの間、彼らはワイン生産者になるということについて考慮して参りました。フランスでのItzikの旅の1つで、彼は、伝説的なシャトー ペトルス ワインの試飲し、深遠な体験を経験しました。そこで、彼は「Petrus」のように敬意を払うことのできるようなワインを作りたいと、自身の目標を立てました。Itzikと彼の友人たちは、それぞれの庭にメルロとカベルネソーヴィニヨンの品種のブドウを植え始めました。Itzikは最高のワイン加工機器を購入し、彼と彼の友人のために少量のワイン生産に大成功を収めました。そして文字通り、初めての試練として、彼は「最高のワインを作る」と決断しました。

ワインの生産プロセスに従う人は、ワインの生産には妥協がないことを知っています。すべてを投資する必要があり、必要なすべての手段の範囲内で、財務コストに関係なく進みます。生産は、年間最大約5000本の少量でのみ行われます。Itzik Zaubermanは、ワインは「プロセスのパートナー」であると考えているため、ワインの取り扱いは、ブドウからの感情、気分、エネルギーの流れがポジティブで、ワイン製造プロセスに最も有益なときに行われます。

ザウバーマンワインの成功の鍵は、ワインの発酵と熟成プロセスを最大限に制御する最先端の機器です。

ワイナリーは、最高品質のユニークなワインを生産することを第一の目的として管理されています。経済的配慮/商業投資はニ番目になります。ワイナリーの生産作業は、Itzikと彼の友人たちだけにより実施されています。

ブドウ園について

Itzik ZaubermanとRaz and Sharonは、Heimanのブドウ畑で家族や友人とブドウを作ります。ブドウ園は、内陸低地とユダヤ山脈の境界にあるCarmi Yosefの集落近くにあります。ブドウ園は海抜220メートルで、自然の排水がある急な西斜面にあります。斜面は海から吹く風にさらされ、夏の夜にブドウを快適に冷やします。ブドウ園は白亜質の土壌に植えられており、ブドウ(およびワイン)に独特の味を与えます。ブドウ園への入り口では、場所を取り囲み、取り囲んでいる独特の雰囲気を感じることができます。ヴィンテージの手作業による厳選された農産物は、ブドウの完全性を保証する小さな箱に詰められています。

生産方法について

生産プロセスは、イタリアで開発された「Amrone」として知られる古代の方法に基づいています。

この方法では、ブドウを収穫した後、藁で編んだかごで乾燥プロセスを行った後、屋外にさらします。乾燥の目的は、固形物の割合を増やしながら液体の量を減らすことにより、ブドウに存在するフレーバーとアロマを濃縮して強化することです。

イスラエルの果物

ワイナリーで開発されたこの特別な方法により、ブドウは専用の冷却設備を介して、非常に低い温度と最小湿度でゆっくりと制御された乾燥プロセスを経ます。

乾燥プロセスから得られた原料には、非常に強いフレーバーとアロマに加えて、多量の糖が含まれています。

ワイナリーで生産されるワインはろ過されていません。フルーティーなアロマは、生産中およびボトルの熟成プロセス中に維持されます。最終的に、非常にユニーク且つフルボディで力強いフルーティーなワインとなります。さらに、アルコール度数が高く(17.5%〜15.5%)、洗練された甘い後味が含まれることがあります。

メニューを閉じる
×

カート